地域社会貢献活動報告

今年も、かつ銀で【パシオス農園さんの冬キャベツ】を仕入れることが出来ました!

こんにちは にしはらグループです!

そろそろ寒くなってきて、「冬キャベツ」が美味しくなってくる季節ですね。

今年も、【パシオス農園さんの冬キャベツ】を仕入れることが出来ました!

「地域と働く仲間を豊かに」「LOCAL FIRST」を信念に、発展途上国での指導や研究にも取り組まれているパシオス農園さん。

磐田でアスパラの権威と言われる生産者さんですが、キャベツの耕作地と収量もかなり多くて美味しいんです。

パシオスさんたちは、耕作放棄地がだんだんと増えている日本の中で、地域と10年後の農業を考える、とても素敵な方たちです。

働いている方も若い方ばかりで活気があります。冬に向かっていく寒さに耐えて、凍らないようにいつもより甘さを多めに蓄えたキャベツ!ぷりっとハリがある表面に包丁を入れるとジュワっと水分が湧き出してくるほどのみずみずしさです。

今週末からスタートです。ぜひお試しください!

やさいバス×にしはらグループ 新しい流通システム運用がスタートしました

こんにちは にしはらグループです。

昨日11月18日からやさいバス×にしはらグループ 
新しい流通システム運用がスタート。
やさいバスさんのオンラインストアで購入したお野菜を
にしはらグループをはじめとした8か所のバス停で受け取ることができるようになりました。

やさいバス https://vegibus.com/

生産量が少ないこだわり野菜がたくさんあり楽しいです。良かったらご利用ください

✨
✨

「やさいバス」巡回開始 三島など8カ所、農産物を集荷販売

(2020/11/19 09:11)

各地を巡って農産物を集荷、販売するやさいバス=三島市
各地を巡って農産物を集荷、販売するやさいバス=三島市

 農業流通ベンチャー「やさいバス」(牧之原市)は18日、各地を巡回して農産物を集荷、販売する配送サービスを静岡県東部で開始した。県内で飲食店を展開する「にしはらグループ」(三島市)が協力し、県東部8カ所の集荷場で生産者と消費者をつなぐ新たな流通システムを運用する。
 同社が3年前からサービスを開始したやさいバスは、各地の「バス停」に生産者が持ち寄る農産物を運搬し、インターネットで注文した消費者が購入する仕組み。間接業務を省くことで生産者の利益を高め、消費者にも安い配送料で提供できるという。現在は県中西部で50カ所、長野県など県外に100カ所のバス停を設けているほか、ヤマト運輸と連携して越県流通も始めている。
 県東部では毎週水、
金曜日に集配し、にしはらグループが配送車と運転手を用意してサポートする。農産物は一般的な種類から特殊な野菜まで幅広く、「生産者のこだわりの品が手頃に購入できる」という。初日は三島市の同社本部を出発し、富士市の富士川楽座や清水銀行富士支店などを巡回した。

【店舗での取り組みを、NHKと静岡新聞に取材して頂きました】

こんにちは、にしはらグループです。

【店舗での取り組みを、NHKと静岡新聞に取材して頂きました】2020.08.15 NHK ニュースしずおか645

https://www3.nhk.or.jp/lnews/shizuoka/20200815/3030008116.html

クラウドファンディング、通販事業の裏テーマは「コロナで苦しむ農家さんや農業環境のお力になる」ことでした。

支援いただいた金額の中から、地元野菜の流通環境と販売拠点への投資に当てさせていただこうと考えていたのですが、先日、地元の農業環境支援として県内の農業支援ベンチャー「やさいバス」さんと協業して「ご近所八百屋」事業をスタートしました!マーケットや小売が巣ごもり需要といわれて好調なようですが、大きく暮らしが変わってしまった一次生産者の方々もいらっしゃいます。

例えば、外食向けに特別にこだわった規格やめずらしい種類の野菜を生産されている農家の方。給食や高級レストラン向けに、契約栽培としてマーケットには並ばない種類のお野菜を生産されていました。

そこで、そういった生産者さんの野菜こそお客さまに届く機会を作り、作り手の方にもお客さまにも元気になってほしいと、「ご近所八百屋」として手にとって貰える場所を朝市形式で開くことにしました。

初日は、地元のメディアも応援してくださって嬉しかったです。お客さまと生産者さんによろこんでもらえるように、がんばります!

次回の開催は

8月29日土曜日14:00~16:00 かつ銀沼津東椎路店https://g.page/katsuginshiiji?share

売り切れ次第、終了です!美味しい野菜、ぜひ見に来てください!

新規事業「ご近所八百屋」をスタートします!

こんにちは、にしはらグループです。

お世話になっている農家さん方への恩返しとして、

給食の中止や、外食の需要減で、苦しい状況が続く農業環境。

私たちも、休業期間中は仕入れることが出来ずにご迷惑をおかけしました。

「いま少しでもお役に立てることはないだろうか?」

と考え、「やさいバス」さんと協業して「ご近所八百屋」に参画することにしました。

地元の野菜の流通・販売に少しでも貢献できればと思っています。

コンセプトは、

「ぜんぶ生でたべられる野菜」

オクラって生で食べたことありますか?

普通は筋張って食べられないのですが、びっくりするほど柔らかく、

子どももポリポリ食べていました。

生のオクラ、食感が楽しくて美味しいですよ!

初回は

日付:8月15日(土) 
時間:14:00~16:00
場所:かつ銀東椎路店 駐車場

朝市形式で行います。

ゆくゆくはお客さまのほしいお野菜を事前に注文できるようにしていけたらいいなと思っています!

「おんすいち×かつ銀コラボ商品」を考えています

三島の福祉施設おんすいちさんが、かつ銀ロゴタオルを
プレゼントしてくれました。とっても素敵です♪
ステンシルでロゴをプリントしたそうです。
皆さんとても器用ですね。


おんすいちさんは 自主製品としてビーズ・縫製・ステンシル製品などの雑貨・日用品・・・色々な製品を
利用者さんたちが 一生懸命手作りしています。
なかでも 人気商品のまんまるクッキーは 
とってもおいしいクッキーなんです。
そこで このクッキーを 
「おんすいち×かつ銀コラボ商品」として
考える事になりました。
かつ銀のお客様にも喜んで頂きたい、
おんすいちさんも多くの人に食べてもらえてうれしい・・・
みんながうれしい とてもやりがいのある取り組みです。

このように今後、
色々な取り組みやコラボ企画取り組んでいきます。
とても楽しみです!

地域社会貢献への取り組みを、毎日新聞と静岡新聞が取り上げてくれました。

新型コロナ とんかつ弁当食べて! 三島の飲食店グループ「地元へ恩返し」 施設に提供 /毎日新聞2020年6月13日

https://mainichi.jp/articles/20200613/ddl/k22/040/185000c


こんにちは、西原です。


通常営業を再開したタイミングでの、地域社会貢献への取り組みを、

毎日新聞と静岡新聞が取り上げてくれました。

コロナの休業期間を通して、 お客さまが来てくださることが、

特別な事だと改めて気づかせて頂きました。


休業明けはお客さまが来てくださるのか、とても不安でしたし、

再開日にお客さまを見た時は、心から嬉しかったです。


この気持は忘れてはいけないと、強く思いました。 休業中には、生産者の方にも迷惑をお掛けしました。
 

経済活動が再開されていく中でも、 疾患を抱えていたり、強いお薬を飲んでいる方は、未だに外出ができなかったり、 不安を抱えて過ごしています。


 地域に少しでも恩返しをしたいという想いから、これからも続けていきたいと思います。

通常営業再開を機に、地域への恩返しのために、三島の福祉施設おんすいちさんにお弁当を差し入れさせて頂きました!

学校の再開やアラートも解除されて、みなさん少しづつ外出されている中、

生活介護事業所に入所されている方の中には

慢性的な疾患を抱えていたり、強い薬を服用している方もおり、

自粛要請解除後も感染の恐怖に怯えている現実があります。

私も前職での経験から、障害や疾患と共に生活されている同僚から、

日常生活を送るだけでも毎日細心の注意をして過ごしている事を教えてもらっていました。

小さなことでも、できることを!という事で、

地元の産品をつかった料理で免疫力をつけて頂けたらと、

先ずはおんすいちの皆さんにお弁当を差し入れすることとしました。

おんすいちさんを皮切りに、今後も取り組みを続けていきたいと思います!

【命を守る人を支えたいコロナ医療支援募金に参加します】

【命を守る人を支えたいコロナ医療支援募金に参加します】

HIKAKINさんと一緒に、医療現場にマスクや消毒液、

防護服などの医療用品をお届けします。

受付期間 ~6月24日(水)

募金場所 全店舗(かつ銀 一番亭 ぼて福) レジ前

日本国内で少しずつ感染者数が減少してきている中でも、

医療現場の方々は、毎日最前線で、必要な医療機器や医療用マスクが足りない中

必死で地域と、まわりの方々を支えてくださっています。

出来ることは多くはないかもしれませんが、

お礼の気持ちと、最初に声を上げて下さった方に敬意をもって、

HIKAKINさんが立ち上げて下さった募金に参加させて頂きます。

生活介護事業所おんすいちさんとの取り組み

おんすいちさんは、中郷温水池の周辺にある施設で、
にしはらグループの近くにある作業所です。

過去には かつ銀で使用するブランドマーク入りの箸置きなどを作って頂いたこともあります。
今後、弊社の社会貢献への取り組みとして
様々なコラボにご協力頂ける事になりました!

どんな事ができるのか今からとても楽しみです。

オーストラリア募金 おかげさまで55,402円もの善意が集まりました

こんにちは にしはらグループです。

かつ銀、一番亭、ぼて福で 3月31日まで実施しておりました、
オーストラリア募金ですが、 おかげさまで55,402円もの善意が集まりました。

皆様の温かいお気持ちをしっかりお預りし、
826オーストラリアドルを、 「WWFオーストラリア」に寄付させて頂きました。
オーストラリアの復興に活用される事を願います。 

WWFオーストラリア
https://www.wwf.or.jp/news/4216.html


https://donate.wwf.org.au/donate/koala-crisis/koala-crisis?t=AP0120W01&f=41120-213&q=ZW1haWw9JmRvbGxhcmhhbmRsZT0mYW1vdW50PQ==#gs.2sf0ss •野生生物の保護 -全国的に野生生物対応組織、コミュニティ、科学者と提携して、効果的な大規模災害対応および復旧プログラムを全国的に迅速に実施することを含む。この作業プログラムに資金を提供するために、WWFはすでに野生生物の救助、ケア、回復のために最初の200万豪ドルを提供しています。 •生息地の回復 -原生林と損傷した野生生物の生息地の回復、森林破壊の停止、野生生物の生息地の通路の拡大、絶滅危惧種の重要な生息地の再生、および先住民および地方の火災管理のベストプラクティスのサポートを含みます。