BLOG

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 私たちの取組
  4. 野菜マシマシプロジェクト 静岡県産野菜を使った餃子レシピコンテスト 最終審査結果を発表致します

野菜マシマシプロジェクト 静岡県産野菜を使った餃子レシピコンテスト 最終審査結果を発表致します

野菜マシマシプロジェクト
静岡県産野菜を使った餃子レシピコンテスト
最終審査結果発表をお知らせします

野菜マシマシプロジェクト 静岡県産野菜を使った餃子レシピコンテスト
高校生部門
大賞は
【摘果みかん黒はんセロリ静岡ぎょうざ】 静岡県立富士東高等学校 2年 髙橋紀穂様

高橋さんのご家族も応援に駆けつけてくれました


優秀賞(2名)は

食感が楽しい餃子】 静岡県立焼津水産高等学校 食品研究部 1年 吉永あい様

【春巻き風餃子】 静岡県立焼津水産高等学校 食品研究部 1年 増田優里奈様

続きまして一般部門 大賞は

【うまみたっぷり静岡餃子】 浜松市在住 杉本祐次

優秀賞は

【もやし、椎茸、生姜、糸寒天のギルティーフリー餃子】三島市在住 岡本雅世



 

 

【高校生の部】

大賞
「摘果みかん黒はんセロリ静岡ぎょうざ」 
静岡県立富士東高等学校 2年 髙橋紀穂 様

お祖父様の農園で丁寧に育てているブランドみかん。季節ごとに間引きで摘果するのがとても心苦しく思われていたそうです。

そんな摘果みかんの青々とした香りを活かして、全国生産量第2位のセロリの風味や、地域食材の黒はんぺんを合わせた餃子でした。

黒はんぺんがお肉とケンカしない分量でまとまっていて、セロリの歯ごたえや洋風の香りも美味しい餃子になっていました。

付け合せのみかんをポン酢のようにお醤油に絞って食べるのですが、

一般的なポン酢より酸味が柔らかく、ほのかな甘みが加わって

よりみかんが美味しく餃子に溶け込んでいた事にびっくりしました!

 

優秀賞
「春巻き風餃子」 
静岡県立焼津水産高等学校 食品研究部 1年 増田優里奈 様

まさに春巻きのような、まとまりのある味の餃子!

地場のたけのこの食感とうまみが感じられて、中華風の餡でまとまっているのでお子さんでも食べやすそうなお味です。

あんかけのお陰で冷めても味がよく、「お野菜を美味しく食べられる」餃子でした。

 

「食感が楽しい餃子」  
静岡県立焼津水産高等学校 食品研究部 1年 吉永あい 様

名前と印象がぴったりの餃子です!

静岡特産のれんこんの食感が楽しく、地場野菜の白菜やしいたけのうまみや食感と混ざり合い、

とても味のバランスの取れた、完成度の高い餃子です。

お酢と黒胡椒がベースのさっぱりタレで頂きました。

 

【一般の部】

大賞
「うまみたっぷり静岡餃子」  杉本祐次 様

地元食材の「切り干し大根」を生かした餃子です!

切り干し大根が主張しすぎず、食材全体のうまみをぎゅっとすいとって、うまみと食感をやさしく底上げしてくれていました。

塩昆布の塩気やうまみ、隠し味の甜麺醤のコクが、切り干し大根や地場のしいたけ、ニラやキャベツとお肉を繋いでくれています。

使い込まれた鉄鍋で焼き上げる姿から美味しそうでした。

わさびやわさび漬けとのマリアージュ提案も面白く、

野菜もお肉も美味しく食べてしまう餃子でした。

 

優秀賞
「もやし、椎茸、生姜、糸寒天のギルティーフリー餃子」   岡本雅世 様

手作りの餃子ピアスで意気込みを見せてくださった岡本様、とても素敵なピアスでした。

中華をガッツリ食べる際の罪悪感から、心を救ってしまう餃子!がテーマで、

焼津産のもやし、三島産のしいたけ、天草、栄養価が非常に高い三島産生姜を生かしたレシピです。

食べごたえや歯ごたえをしっかりと残したままにカロリーもダウンできて、

付け合せの赤玉ねぎのアチャールをのせて、タレを付けずに頂きます。

アチャールもスパイスが効いていて、美味しかったです!

 

 

今回ご応募頂いたみなさま、後援・ご協力いただきましたみなさま、本当にありがとうございました。

県の事業のスピンオフ企画として行ったこの取り組み、

高校生への食育やプロジェクト開発のトレーニングという意味も兼ねて教育委員会も後援頂いたため、

高校生からの参加や応募がとても多く頂きました。

学生部門のチャレンジを通して、少しでも「食」の分野に面白みを感じていただいて、

卒業後に進む分野として感じてくださる方がいたら幸せです。

食の分野はとても根源的な部分と結びついてるので、何歳になっても面白いと思います。

使い込まれた鉄鍋で焼き上げた餃子や、エスニックな付け合せとのマリアージュ、

生産者のおじい様が育てているみかんの間引きで摘果した果実を使用した餃子など、

それぞれのレシピにストーリーや思いやり、食材に対する試行錯誤があり、とても楽しく背筋がピンと伸びるような審査の時間になりました。

惜しくも大賞を逃したレシピも美味しくて、本当に勉強になりました。

 

企画の趣旨にご賛同いただいて後援してくださった県庁、県教育委員会のみなさま、

ご協力いただいた、静岡ガス株式会社、JAふじ伊豆、一般社団法人 ママとね、NPOサプライズのみなさま、

お力を貸していただきまして本当にありがとうございます。

 

審査に当たっては、

静岡県健康福祉部健康局健康政策課 栄養士 宇津木志のぶ(うつぎしのぶ)様
特定非営利活動法人NPOサプライズ 飯倉清太(いいくらきよた)様
静岡ガス株式会社 東部支店長 後藤友彦(ごとうともひこ)様
Aふじ伊豆 外岡賢大(とのおかけんた)様
一般社団法人ママとね 徳丸まゆみ(とくまるまゆみ)様
ベジとも 天野友江(あまのともえ)様

の皆さまにお力をお借りしました。

難しい審査をありがとうございました。

素晴らしい場にして頂きまして、本当に感謝しております。

 

関連記事